LED ビジョン

企画から施工まで一貫体制

LEDビジョンの基礎知識

LEDビジョンの基礎知識

【目次】

・基礎知識

▼LEDビジョンとは
▼LEDの特徴
▼ピクセルピッチとは
▼LEDビジョンの設置費用はどれくらいかかるか
▼LEDビジョン設置までの流れと期間は?
▼LEDビジョンの消費電力は

・導入メリット

▼誘目性
▼情報量
▼広告収入

 

 

基礎知識

LEDビジョンとは

LEDビジョンとはRGBの3色に発光するLED(Light Emitting Diode)を使用したディスプレイです。

よく似たものに屋内で使用されるデジタルサイネージの液晶モニターがあります。

液晶モニターはバックライトで液晶が照らされることによってディスプレイが明るく光って見えますが、LEDビジョンの場合は画面自体が発光するので液晶モニターよりも非常に明るく、日中でも屋外で映像を鮮明に映し出すことができます。

▲液晶のデジタルサイネージを屋外に設置した場合、輝度不足で十分な広告効果が得られないことも

 

LEDの特徴

LEDとはLight Emitting Diodeの略で、発光ダイオードのことを指します。電球と比較すると長寿命で高輝が高く省電力のため様々な照明に使用されています。

LEDは電流が流れると即時に点灯し、点滅を繰り返しても寿命に影響されないという特徴を持つため、繰り返し動画を表示するLEDビジョンのようなディスプレイには最適な光源です。

 

ピクセルピッチとは

LEDビジョンのピクセルピッチはドットピッチとも呼ばれ、ディスプレイ上のLED同士の距離のことで、この数値が小さいほどディスプレイ表示が繊細になります。

従来のLEDビジョンは10mm以上のピッチの製品が多く使われていましたが、現在では3~8mm程度のものが主流で、最近では1mmピッチの商品も発売されておりLEDビジョンで4Kを超える高解像度の表示も可能になっています。

 

LEDビジョンの設置費用はどれくらいかかるか

設置業者や製品により大幅に異なりますが、おおよそ100万円/㎡程度が相場のようです。

設置費用の中でLEDディスプレイの価格が大半になりますが、LEDディスプレイは使われる部品の品質により価格差が非常に大きく、信頼のおけるメーカーの製品を選ぶことが重要になります。

また、設置後に掛かるメンテナンスやランニング費用も含めて比較検討する必要があります。

 

LEDビジョンの設置までの流れと期間は?

屋外に設置する場合は少なくとも3ヶ月程度が必要です。なぜなら工事を行う前には役所と協議を重ねた上で屋外広告物許可申請を行い、許可を得てから工事を行う必要があるためです。設置場所によっては警察署との協議が必要な場合があります。

これらを省き短期間で設置を行う業者は設置後のトラブルが多く違法な場合もありますので注意が必要です。

 

LEDビジョンの消費電力は

製品により異なりますが、100インチでおおよそ最大600W~900W程度、平均200~300W程度です。電球や蛍光灯と比較すると非常に省電力です。

 

導入メリット

誘目性

LEDビジョンは液晶のデジタルサイネージと比較すると5~10倍程度の明るさがあり、屋外でも大変鮮明に映像を映し出します。また人は動くものに目が行くため一般的な看板と比較すると当然誘目性が高くなります。

 

情報量

同じ表示面でも看板と比較すると情報量が大変多くなります。小さな表示面でも情報を多く伝えることが出来ます。

 

広告収入

自社の広告枠の他に有料広告枠を設けることにより、広告料の収入が得られます。設置場所の条件によっては広告料収入が設置費用を上回りプラスの収支になるケースもあります。

最近ではLEDビジョンを見た一般の人が、インターネット上から広告掲載の申込みを行えるシステムもあります。